• 印刷する

ペトロナス、中国申能とLNG長期供給契約

マレーシアの国営石油ペトロナスは20日、中国の電力インフラ大手、申能(集団)と、液化天然ガス(LNG)の長期供給契約を締結したと発表した。年間150万トンを、2022年から12年間供給する。

中型のLNG運搬船を共同で新造し、輸送に使うことにも合意した。LNGは、上海の五号溝受け入れターミナルに納入する。

ペトロナスは、06年に申能(集団)傘下の上海液化天然気と、09年から25年間、年最大303万トンのLNGを供給する契約を締結。申能(集団)のLNG需要が拡大していることから、供給量を追加する。

ペトロナスのアドナン・ザイナル・アビディン上級副社長兼ガス・新エネルギー部門最高経営責任者(CEO)は、「LNG運搬船の引き渡しを含む契約は、顧客中心の方針をとる当社ならではのものだ」と強調。今後も顧客の需要に合わせた革新的なソリューションを提供していく考えを示した。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国営石油、関連業者の上場支援で6社と提携(02/21)

新型肺炎流行で10万人失業は空論、政府(02/21)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月新車販売は12%減の4.3万台(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン