• 印刷する

農作物商社オラム、2部門に分割

シンガポールの農作物商社オラム・インターナショナルは20日、同社を2部門に分割したと発表した。2019年に発表した事業再編計画に沿ったもので、今後は食品成分などを手掛ける「オラム・フード・イングリーディエンツ(OFI)」、農産物を広く扱う「オラム・グローバル・アグリ(OGA)」の2事業体制にする。

OFIは、食品成分やココア、コーヒー豆、食用ナッツ、香辛料、乳製品などを扱う。独自の農園、加工施設を持つ。OGAは、アジア、アフリカ諸国にコメ、食用油などの食品や穀物、飼料、繊維、綿などの商品を供給する。

オラムは、昨年1月に事業再編計画を発表していた。今回の措置は、部門ごとに専門事業に特化させ、長期的な企業価値を高めるのが狙い。将来的には、分社化または新規株式公開(IPO)を視野に入れている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港内の大型複…(09/22)

海外資金流入額が3割増加 香港から移転、金融ハブ地位向上(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携(09/22)

保険大手AIA、人材育成制度を導入(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

事業中断保険の契約者、補償に不安(09/22)

脱毛サロンの銀座カラー、店舗閉鎖(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン