• 印刷する

19年の訪日中国人は過去最高、950万人超え

日本政府観光局(JNTO)は17日、2019年に日本を訪れた中国人旅行者数は前年比14.5%増の959万4,300人(推計値)だったと発表した。過去最高を更新し、世界全体で年間950万人を超えた初めての市場となった。

19年は中国・日本双方の地方都市を発着する航空路線の新規就航や増便に伴う航空座席の供給量拡大のほか、1月から開始した個人査証(ビザ)の発給要件緩和の効果もあり、全ての月で同月過去最高を更新した。特にハイシーズンの7、8月は全市場で初の単月100万人超えを記録し、訪日旅行全体をけん引した。

JNTOは12月に広東省広州市に事務所を新設したことを契機に、今後も訪日市場が拡大している中国の地方都市の需要取り込みを目指す考えを示した。

12月単月の訪日中国人旅行者数は前年同月比18.5%増の71万200人だった。

19年の訪日外国人旅行者は、全体で前年比2.2%増の3,188万2,100人。JNTOが統計を取り始めた1964年以降で最も多かった。12月単月では前年同月比4%減の252万6,400人。3カ月連続で前年同月を下回った。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の死者2788人、感染者7万8824人(12:39)

NAPは自動車価格に影響なし、サイム(13:22)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(21:27)

労働力のシェアリングが拡大 異業種間で需給調整、政府も支援(02/28)

首都モールの感染者情報は虚偽=当局発表(02/28)

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…(02/28)

新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン