東南ア2位の平和度指数に注目を=国防相

マレーシアのモハマド・サブ国防相は、国際シンクタンクの経済平和研究所(IEP、本部オーストラリア)が毎年発表する世界平和度指数(GPI)について、外国投資や観光客の誘致につながるため、もっと注目されるべきだとの見解を示した。19年版のGPIで、マレーシアは世界16…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令でネット販売強化 住宅や車も、スーパーは需要急増(04/03)

日用品買い出し、10キロ圏内に制限(04/03)

RM1=24.6円、$1=4.36RM(2日)(04/03)

新規感染208人、累計3千人突破(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

企業の7割、新型コロナ対策計画を策定(04/03)

景気刺激策の財源に透明性必要、IDEAS(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン