• 印刷する

豪ホテル業界、今年の成長見通しは控えめ

オーストラリアのホテル業界では、昨年の海外観光客の数が予想よりも少なかったことから、今年も同等水準の成長率との見方が強まっている。業界コンサルタント会社ドランスフィールド・ホテルズ&リゾートは、19/20年度のオーストラリアの主要ホテルの平均客室単価が198豪ドル(約1万5,011円)、客室稼働率は78.4%と前年比2ポイント低下すると予測した。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

米国コンサルティング会社STRのデータによると、18/19年度のオーストラリアの主要ホテルの客室1室当たり売上高(RevPAR)は、前年比で約3%減少した。だがホテルの客室の数は、現在すでに30万室を突破し、19/20年度には需要の3倍に相当する客室の建設が見込まれている。2025年には31万6,000室に到達する見込みだ。

客室数が計1万1,000室を超える国内3位のホテル運営会社チョイス・ホテルズ・アジアパシフィックのフレーザー最高経営責任者(CEO)は、需要に対して供給を増やし過ぎたことが自社の経営を厳しくしてしまったと述べた。チョイス・ホテルズは昨年新たに21軒のホテルをオーストラリアとニュージーランド国内でオープンした。しかし自社のRevPARは、前年値をわずかに超えるにとどまった。

またフレーザーCEOは、過剰供給以外に山火事の影響で海外観光客の数が当初の見込みを下回ったこともホテル業界を圧迫したと指摘した。オーストラリア政府観光局(TA)の最新の発表によると、19/20年度のオーストラリアを訪れる海外観光客の予測値は前年比4.7%増で、前回の予測値の5.8%増から下方修正された。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: サービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

豪小売企の閉鎖増加、不動産業界に影響も(17:48)

オージーが顔認識アプリ開発、FBIも使用(17:48)

香港の住宅価格、2年連続で年収の20倍超に(21:14)

QLD干ばつ地域、中国企に水割当て住民怒り(17:48)

テイクオフ:パースに旅行に出かけた…(01/21)

山火事被害の小企業を支援 豪政府、最大50万$低利融資(01/21)

〔オセアニアン事件簿〕豪雨でも山火事は続く、洪水の恐れも(01/21)

豪政府、北部開発計画を見直しへ(01/21)

豪財政黒字額、予測を150億$超過か(01/21)

衣料販売ユニバーサル、豪上場準備を本格化(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン