• 印刷する

テイクオフ:フィリピンの首都マニラ…

フィリピンの首都マニラの南、約60キロメートルにあるタール火山が12日に噴火した。火山灰などにより、マニラ首都圏とその周辺の市民生活だけでなく企業活動にも影響が出ている。当局は、火山から半径14キロ以内の住民に避難勧告を出している。

現地に駐在していた頃、カルデラ湖の中に浮かぶタール火山を見下ろせる避暑地タガイタイへ行ったことがある。マニラから日帰りで行ける気軽さで人気の観光地だが、写真を見ると噴煙の量はすさまじく、自分が見た姿とは大違い。幸いにも死者は出ていないようだが、自然の恐ろしさをあらためて感じた。

マレーシアは台風や地震などの自然災害が少ない国と言われる。13日には、国際大会で同国を訪れていたバドミントンの桃田賢斗選手が交通事故で負傷したとのニュースが入ってきた。どこにいてもリスクのある交通事故に注意したい。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

JHM、プロトン向け照明で中国企業と提携(15:43)

テイクオフ:マレーシアでは最近、住…(06/24)

ワクチンで早期の登校再開へ 学校で集団接種、受験生対象に(06/24)

新規感染5244人、累計71.1万人(06/24)

メイバンク、中銀デジタル通貨バコンと提携(06/24)

サンウエー、ヘルスケア事業の一部株式売却(06/24)

RM1=26.6円、$1=RM4.17(23日)(06/24)

小売業界、早期の営業再開容認を要請(06/24)

コロナ対策でEUと協力、医療体制整備など(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン