• 印刷する

テイクオフ:フィリピンの首都マニラ…

フィリピンの首都マニラの南、約60キロメートルにあるタール火山が12日に噴火した。火山灰などにより、マニラ首都圏とその周辺の市民生活だけでなく企業活動にも影響が出ている。当局は、火山から半径14キロ以内の住民に避難勧告を出している。

現地に駐在していた頃、カルデラ湖の中に浮かぶタール火山を見下ろせる避暑地タガイタイへ行ったことがある。マニラから日帰りで行ける気軽さで人気の観光地だが、写真を見ると噴煙の量はすさまじく、自分が見た姿とは大違い。幸いにも死者は出ていないようだが、自然の恐ろしさをあらためて感じた。

マレーシアは台風や地震などの自然災害が少ない国と言われる。13日には、国際大会で同国を訪れていたバドミントンの桃田賢斗選手が交通事故で負傷したとのニュースが入ってきた。どこにいてもリスクのある交通事故に注意したい。(谷)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

役所は現金決済も取り扱うべき、消費者連盟(01/17)

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(01/17)

セルコム、5Gに向け設備投資拡大(01/17)

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避(01/17)

観光年に官民協力相次ぐ 通信や医療など成長底上げへ(01/17)

仮想通貨による資金調達指針、証券委が発表(01/17)

電子財布の政府支給、申請殺到でシステム障害(01/17)

RM1=27.1円、$1=4.06RM(16日)(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

エンジ協会、プロジェクト管理セミナー開催(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン