• 印刷する

習近平国家主席、17日にミャンマー来訪か

中国の習近平国家主席が、17日にミャンマーを公式訪問するもようだ。同主席は、中国が提唱する広域経済圏構想「一帯一路」の関連プロジェクトなど、両国間で合意した開発計画の加速を求めるとみられる。ミッジマが5日伝えた。

習氏は、ミャンマーが軍事政権下にあった2009年に国家副主席として訪問しており、今回は11年ぶりとなる。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相やウィン・ミン大統領との首脳会談では、一帯一路や、その一環としての中国・ミャンマー経済回廊の建設、中国にとってインド洋への窓口となる西部ラカイン州のチャウピュー経済特区(SEZ)の開発などが協議される見込み。

習主席はまた、中国系企業が06年に開発に着手しながら、テイン・セイン前政権が環境破壊などへの懸念から11年に中止を決定した北部カチン州ミッソンダムの建設再開を求める可能性がある。

ミャンマーはラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害問題で欧米などからの批判にさらされており、中国との関係強化を図る可能性が指摘されている。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

19年インフレ率は8.8% 電力値上げで2ポイント加速(02/19)

破産法が成立、手続き明確化で事業環境改善(02/19)

縫製業の振興政策を立案、独GIZが支援(02/19)

国営3行の不良債権、200億円相当に(02/19)

政府、ラカイン特区建設で移転補償を確約(02/19)

ヤンゴン議会、財政管理改善の法案提出へ(02/19)

マンダレー・インパールの観光ツアー開始へ(02/19)

バングラ、ロヒンギャ難民の移転計画を再考(02/19)

ラカイン代表、国軍総司令官と首都で会談(02/19)

殺害容疑のミャンマー実習生、三重で捕まる(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン