国際調停の国連条約、国会が関連法可決

シンガポールの国会は、国際調停に関する国連条約である「シンガポール国際調停条約」の批准に必要な法案を可決した。条約批准により、国際調停のハブ拠点としての機能強化を狙う。 同条約は、2018年12月に国連総会で採択され、これまでに51カ国が調印した。正式名称は「国際調停…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:久しぶりにオフィスに出…(09/23)

MICE観光市場、27年に50億米ドル超へ(09/23)

米オークウッド、客室をオフィスとして提供(09/23)

地場ブランド認証制度、11月に導入へ(09/23)

8月の新規車両登録、乗用車がプラス転換(09/23)

隣国で1.5万人以上のマレーシア人が失職(09/23)

フィンセン文書、国内の複数銀行も名指し(09/23)

新規感染21人、計5万7627人(22日)(09/23)

21年の財政赤字、対GDP比4~6%と予想(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン