ICJ、来年にも仮処分=ロヒンギャ迫害で

【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、同国に迫害停止を要求する仮処分などを求めた訴訟の3日目の審理が12日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。仮処分の決定は早…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

運輸省、物流会社社員の出勤認めるよう要請(19:13)

出勤規制、長期なら経済打撃 コロナ急拡大で進出企業当惑(09/22)

新規感染542人、死者は90人台に=21日朝(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

労組連、コロナ対策で経営側にも負担求める(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン