ICJ、来年にも仮処分=ロヒンギャ迫害で

【ヤンゴン共同】ミャンマー国軍などによるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害はジェノサイド(民族大量虐殺)条約違反だとして、同国に迫害停止を要求する仮処分などを求めた訴訟の3日目の審理が12日、国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)で行われた。仮処分の決定は早…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

アマタのヤンゴン開発が始動 総額10億ドル、日系進出に期待(01/27)

アマタ会長=日系をミャンマーに誘致したい(01/27)

新型肺炎で武漢便の運航が停止、ミャンマー(01/27)

AI融資の日系デジクロ、120万米ドル調達(01/27)

命令留意とミャンマー、民族大量虐殺は否定(01/27)

「ミャンマーは履行を」と茂木氏、ICJ命令で(01/27)

迫害即時停止を、ICJ仮処分で人権弁務官(01/27)

ミャンマー経済銀など、国営4行統合の方針(01/27)

ハイソー、食品配達事業拡大へ資金調達(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン