ルノーサムスン労組、再び部分スト突入へ

韓国の完成車大手ルノーサムスンの労働組合が、再び部分ストライキに突入する見通しだ。ストによって生産に支障を来せば、親会社である仏ルノーの輸出向けモデルの国内生産誘致が頓挫する恐れもある。 ルノーサムスンの労組は10日、組合員によるスト賛否投票を行い、66.2%が賛成…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

自己破産申請4.6万件、産業都市で増加顕著(17:23)

ポスコケミ、バッテリー正極材の生産4倍に(16:41)

サムスン電子のブランド価値、世界5位(16:24)

LGイノ、照明用LED事業などから撤退(16:25)

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

テイクオフ:中国・武漢で見つかった…(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

韓国の貿易赤字国、1位は5年連続で日本(01/29)

19年4Qの民間支出、6四半期連続減(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン