• 印刷する

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減

香港貿易発展局(HKTDC)の周啓良(ベンジャミン・チャウ)副総裁はこのほど、7~11月に同局が主催した展示会に参加したバイヤーが前年同期比19%減の約22万2,000人だったと明らかにした。6月に本格化した抗議活動のあおりを受けた。1~11月累計では前年同期比5.3%減の71万人だった。10日付香港経済日報が伝えた。

抗議活動が本格化してからは会場の警備体制を強化したり、バイヤーの航空券やホテルの手配に別途1,000万HKドル(約1億3,900万円)の予算を確保したりしたが、減少を完全には食い止められなかった。

同局が1~11月に主催した展示会への出展企業は、前年同期比0.4%増の3万8,700社だった。2020年以降の見通しについて、周氏は「来年前半の展示会への出展企業は1桁台前半の小幅な減少にとどまりそうだが、米中貿易摩擦とデモが展示会業界に及ぼす長期的な影響は読み切れない」と懸念を示した。

広東省深センでは9月に世界最大規模の会議展覧施設「深セン国際会展中心」が開設され、香港の脅威になっている。周氏は「進まざれば後退あるのみ」と述べ、香港の展示会産業の競争力向上と優位性維持には充実した内容の展示会開催と、出展企業やバイヤーの囲い込みに向けたITの活用が不可欠と語った。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(19:26)

テイクオフ:自宅マンションを出ると…(01/20)

19年訪日香港人、過去最高に 抗議デモで失速も年後半に回復(01/20)

訪日消費4兆8千億円、7年連続で過去最高に(01/20)

20年マカオ訪問客は3%減に、観光局が予想(01/20)

日本人の海外旅行者、2千万人突破(01/20)

福岡県事務所がイベント、女性に県の魅力紹介(01/20)

韓国、香港への渡航警戒レベル引き下げ(01/20)

中環の民主要求デモ1時間で中止、催涙弾も(01/20)

金管局、今年はITリスク管理などに重点(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン