• 印刷する

貿発局主催の展示会、下期はバイヤー2割減

香港貿易発展局(HKTDC)の周啓良(ベンジャミン・チャウ)副総裁はこのほど、7~11月に同局が主催した展示会に参加したバイヤーが前年同期比19%減の約22万2,000人だったと明らかにした。6月に本格化した抗議活動のあおりを受けた。1~11月累計では前年同期比5.3%減の71万人だった。10日付香港経済日報が伝えた。

抗議活動が本格化してからは会場の警備体制を強化したり、バイヤーの航空券やホテルの手配に別途1,000万HKドル(約1億3,900万円)の予算を確保したりしたが、減少を完全には食い止められなかった。

同局が1~11月に主催した展示会への出展企業は、前年同期比0.4%増の3万8,700社だった。2020年以降の見通しについて、周氏は「来年前半の展示会への出展企業は1桁台前半の小幅な減少にとどまりそうだが、米中貿易摩擦とデモが展示会業界に及ぼす長期的な影響は読み切れない」と懸念を示した。

広東省深センでは9月に世界最大規模の会議展覧施設「深セン国際会展中心」が開設され、香港の脅威になっている。周氏は「進まざれば後退あるのみ」と述べ、香港の展示会産業の競争力向上と優位性維持には充実した内容の展示会開催と、出展企業やバイヤーの囲い込みに向けたITの活用が不可欠と語った。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年中湿気が多い香港で冬…(08/05)

PCR検査、企業の需要拡大 従業員向け、予約困難も(08/05)

新規感染者80人、域内75人=計3669人(08/05)

新学期はオンラインで予定通り開始、教育局(08/05)

ペット対象にPCR検査開始、 城市大(08/05)

マカオ、香港などからの入境者管理を強化(08/05)

恒生銀は中間で33%減益、経済活動低迷響く(08/05)

急反発、米株価上昇の流れ受ける=香港株式(08/05)

金融管理局、11.6億HKドルの売り介入実施(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン