関電、個人向け海外旅行業で収益多角化

【共同】関西電力は5日、個人向けに海外旅行を販売する事業を始めたと発表した。傘下に設立した「トラポル」(大阪市)が手掛ける。第1弾としてベトナムの企業と提携し、観光地化されていない穴場を巡る旅を提案するという。電力自由化で競争が激しくなる中、収益源の多角化を図…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

越で増える新興ヘルステック 「Med247」、医療の改善に一役(01/22)

南北高速道路の東路、土地収用の目標未達(01/22)

空港の民間出資制限、運輸省に他省庁が反発(01/22)

タカラレーベン、越に現地法人設立(01/22)

19年リゾート不動産、コンドテル人気に影(01/22)

キンバック、ハノイの大型開発を買い戻し(01/22)

建設資材ビコストーン、19年は25%増益(01/22)

歯科器材の松風、ハナム省に製造拠点(01/22)

HCM市、2月から電子納税システム導入へ(01/22)

林産品輸出、20年は215億米ドル超を目標(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン