発電決算、15社中9社が減益 3Qは為替差損や水不足が影響

タイ証券取引所(SET)に上場する発電関連の上位15社の2019年第3四半期(7~9月期)決算が出そろった。売上高が合算で前年同期比20.4%増の841億4,000万バーツ(約3,000億円)、純利益は6.9%減の161億3,000万バーツだった。8社が減収、9社が減益だった。海外事業を展開す…

関連国・地域: タイ
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ適応でデジタル化進展 東南アで若者のオンライン利用増(08/12)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(6月) 上昇率が5カ国で加速、原油高などで(08/12)

テイクオフ:盆休みを迎えた日本では…(08/11)

電動旅客船が相次ぎ就航へ 地場が開発、自製の蓄電池を搭載(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン