投資誘致で環境評価の廃止、専門家らが懸念

インドネシアのジョコ・ウィドド政権が投資誘致を推進するための規制緩和策として、事業許可取得の条件となっている建設許可(IMB)や環境影響評価(AMDAL)の廃止を検討していることに対し、環境保護団体や開発計画の専門家らから環境破壊につながりかねないと懸念する声…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(20:37)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(20:39)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(21:04)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(20:39)

国営建設WIKA、上水事業への参入検討(20:39)

テイクオフ:「ついでにチャージしま…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の新車販売台数は11%減 4年ぶり減少、今年は5%増目標(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

新首都に最大4兆円投資か、孫会長提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン