クリスマス装飾控える動き、破壊懸念か

香港の商業施設で、クリスマスの装飾の規模を縮小する動きが広がっている。11月に九龍塘の「又一城(フェスティバルウオーク)」でクリスマスツリーに放火される事件が発生し、デモ参加者による破壊を懸念しているためとみられる。明報が伝えた。 九龍・観塘の「apm」と新界・…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの影…(08/12)

中国企業の香港重複上場加速 年内最大9社、米中対立激化で(08/12)

新規感染者33人、7月15日以来の低水準(08/12)

無料PCR検査に500万人、政府高官見通し(08/12)

公共交通機関のPCR検査、対象を拡大(08/12)

現職立法会議員の任期1年以上延長、全人代(08/12)

香港日清、野菜事業拡大へ地場企業に出資(08/12)

反発、主力株とカジノ株がけん引=香港株式(08/12)

マニュライフ香港、2Q新業務価値は13%減(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン