中韓スマホが利益確保に苦戦 シャオミが初の赤字、競争激しく

インドのスマートフォン市場をけん引する中国と韓国のブランドが、利益の確保に苦しんでいる。業界首位のシャオミ(小米科技)は昨年度(2018年4月~19年3月)、14年の進出以来、インドで初めて赤字を計上した。業界2位で売上高の6割をスマホ部門が占めるサムスン電子も、59%…

関連国・地域: 中国韓国インド
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

海外でマスク生産検討、シャープ(04/02)

電源設備デルタ、インドと越に子会社設立(04/02)

テイクオフ:ニューデリーの一角で先…(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

トヨタが販売店支援、金利肩代わりなど実施(04/01)

二輪ヒーロー、取引先への支払いを一部停止(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン