パナ赤字解消へ協業交渉、低迷のテレビ事業で

【共同】パナソニックで家電事業を統括する品田正弘常務執行役員は2日、低迷するテレビ事業の赤字解消に向けて他社との協業を進める考えを示した上で「複数社と交渉を進めている」と明かした。東京都内で開いた記者説明会で述べた。2021年度までに、テレビ事業の赤字を解消する方…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(12/14)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

ダイトーキスコの工場で火災(09:51)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

開発と人材で介護市場に貢献 富士データシステム、越に展開(12/13)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン