20年漁獲量を据え置き、北方四島海域で日ロ合意

【モスクワ共同】日本とロシア両政府は11月29日、北方四島周辺海域における2020年の日本漁船の操業に関し、スケトウダラやホッケ、タコなどの漁獲量を今年と同じ計2,180トンとすることで合意した。 水産庁などによると、19年と同じ計48隻が操業し、主な漁獲量はスケトウダラ955ト…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏、強い国内配慮 国際法廷、仮処分の行方が焦点に(15:46)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/13)

ダイトーキスコの工場で火災(17:40)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

開発と人材で介護市場に貢献 富士データシステム、越に展開(12/13)

外国産「和牛」とすみ分けへ 日本産認定に加えQRコード導入(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン