20年漁獲量を据え置き、北方四島海域で日ロ合意

【モスクワ共同】日本とロシア両政府は11月29日、北方四島周辺海域における2020年の日本漁船の操業に関し、スケトウダラやホッケ、タコなどの漁獲量を今年と同じ計2,180トンとすることで合意した。 水産庁などによると、19年と同じ計48隻が操業し、主な漁獲量はスケトウダラ955ト…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】イオンモール、DX推進へ 回復目前に2波、年内新店は維持(08/12)

テイクオフ:コロナ下での就職活動で…(08/12)

NTT減収減益、4~6月期(08/12)

ソフトバンクG最高益に、1.2兆円(08/12)

中国版LINE禁止に衝撃、米企業に影響も(08/12)

トヨタ、7月の販売28%減の5307台(08/12)

高額納税企業を表彰、キリン合弁など(08/12)

香港から輸出「中国製」に、米が貿易で同一扱い(08/12)

ホンダ、7月の二輪販売6%減の19.6万台(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン