• 印刷する

鉄鉱石FMG、将来の水素輸出に意欲

オーストラリアの鉄鉱石採掘大手フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)が、水素輸出への参入をもくろんでいる。FMGは現在、オーストラリア科学産業研究機関(CSIRO)と協力し、水素の抽出に必要な技術の開発を進めている。エリザベス・ゲインズ最高経営責任者(CEO)はまず、この事業で今後1年~1年半の間に成果を得た上で、自社の鉱山事業に技術を応用したい考えだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

FMGは昨年11月、CSIROが開発した水素技術を商業化することに5年間で2,000万豪ドル(約14億8,000万円)を拠出すると発表。アンモニアから高純度の水素を抽出するために金属膜の開発を進めており、最終的には日本と韓国への輸出を狙っている。

ただ、ゲインズCEOによると、水素事業はまだ初期段階に過ぎない。水素の本格的な輸出に乗り出す前に、新しいエネルギー源の一つとして自社の鉱山事業にどう生かせるかを理解する必要があると説明する。

ゲインズCEOはまた、同じく水素輸出に意欲的な石油大手ウッドサイド・ぺトロリアムなどとの連携も視野に入れている。


関連国・地域: 韓国オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

商業不動産のテナント救済措置、延長を検討(17:43)

コロナで労使対立、FWC調停件数が25%増(17:43)

豪銀、経営圧迫で軒並み預金金利引き下げ(17:43)

テイクオフ:約2カ月前にニューサウ…(08/10)

豪政府、給与補助の対象拡大 都市封鎖のVIC失業者に焦点(08/10)

VIC州、数週間以内に感染管理可能に(08/10)

VIC建設現場、政府が封鎖措置緩和で妥協(08/10)

郵便局、VIC州都市封鎖で配達大幅遅延(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン