• 印刷する

今年のインフレ率、4%未満を達成=副首相

ベトナムのブオン・ディン・フエ副首相は18日、今年のインフレ率が前年比3.3~3.9%に収まり、政府目標の4%未満は達成可能との見通しを示した。ただ、国内で豚肉の価格が上昇しており、物価上昇への影響が懸念されている。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が20日に伝えた。

統計総局(GSO)は11月の消費者物価指数(CPI)について、前月比で0.8~1%上昇すると予測。全体のCPIを押し上げるとしている。GSOによると、豚肉価格は現在、1年前と比べて19%上昇している。

豚肉価格は現在、北部で1キログラムあたり7万ドン(3米ドル、約326円)~7万5,000ドン。中部では7万ドン、南部では6万5,000~7万5,000ドンという。

今年第4四半期(10~12月)の国内の豚肉需要は60万トンで、供給は20万トンほど不足する見通し。来年1月下旬のテト(旧正月)前後には、不足量は7万~9万トンになる見通し。フエ副首相は、関係機関に対し「国内の供給量が少ないようであれば、価格を抑えるために輸入を増やすべき」との見解を示した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

社債市場、「駆込み」で過熱 不動産と金融中心に下期も活況に(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

越の航空貨物市場、新規参入が困難(07/10)

リゾート不動産取引、2Qは過去5年で最低(07/10)

HSBC、地場の再生プラ工場に融資(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

第一稀元素、新工場稼働を1年以上延期(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン