タナカ、ユネスコでの無形文化遺産目指す

ミャンマー政府は、植物由来の化粧品タナカ(白粉)を使う特有の伝統文化について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産への登録を目指す。来年3月までに申請を行う方針。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが10日伝えた。 ミャンマー宗教・文化省…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 食品・飲料社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【変わるタイとの越境物流】悪路克服へ進むインフラ整備 「片荷」解消、製造業発展がカギ(12/12)

スー・チー氏が虐殺を否定、国際司法裁(12/12)

AIA、財閥マックスと生命保険販売で提携(12/12)

外国人へのコンド販売登録、20年初頭から(12/12)

家畜飼料需要が増大、20年には400万トンに(12/12)

畜産連盟、豚コレラ防止にブタ輸入停止要請(12/12)

南部メルギーで給水事業、7600万ドル規模(12/12)

サムスン、スマホ市場シェア4割で首位維持(12/12)

ミャンマー・サーベイ・リサーチが日本法人(12/12)

インドネシア政府、ラカイン州で病院建設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン