交通部がスマート化推進へ 物流園区のIT構築に420億元

台湾交通部(交通省)は、スマート物流の発展に向けた支援に乗り出す。域内に8カ所のスマート物流園区を設ける方針で、建設費用として422億台湾元(約1,517億5,000万円)以上を拠出する。2021年以降のスマート運輸の発展にも計60億元を投入する計画だ。各種スマート化の施策を通じ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

月給3万元未満、3割に低下 最賃引き上げで給与水準が上昇(12/06)

華為、スマホ新機種の台湾販売を中止(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

コウ康科技、名古屋に拠点開設(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

華新が桃園の用地取得、本部を建設(12/06)

富鴻網、台東で農業のスマート化推進(12/06)

国巨、R&D人材などを大規模採用(12/06)

ラーガンの売上高、4カ月連続で過去最高(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン