• 印刷する

テイクオフ:インドではヒンズー教徒…

インドではヒンズー教徒が約80%、イスラム教徒が約14%を占める。

そんなインドで、両者の対立の火種になりかねない判決が下された。最高裁が9日、両者が帰属を争う北部ウッタルプラデシュ州アヨドヤの聖地に、ヒンズー教寺院の建設を許可する判断を示した。ヒンズー教徒は、ムガル帝国時代の1528年にこの地に建てられたモスクが、古いヒンズー教寺院を破壊して建てられたものだと主張していた。最高裁がこの主張を支持した形だ。

専門家は、この判決とジャム・カシミールでの一連の動きが「反イスラム運動」と捉えられ、暴力を誘発しかねないと指摘。ヒンズー教団体は、土曜の判決を祝わないよう呼び掛けている。同聖地を巡っては、過去にも死者を出す宗教対立に発展した経緯がある。今後数カ月、法と秩序を維持することが、インドの最優先課題の1つとなりそうだ。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのような多文化・…(11/20)

鉄鋼業界、2Qは販売低迷 大手4社が2桁減収(11/20)

羽田―デリー便、JALが来年3月に就航(11/20)

ASUS、インドで年内に200店体制へ(11/20)

10月の国内線旅客数、4.0%増の1232万人(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

道路通行料支払い、来月から電子タグ義務化(11/20)

鉄道の安全強化事業で訪日研修=JICA(11/20)

IL&FSの道路資産2件、外国企業が取得へ(11/20)

自動車販売店、10月の小売り総数は4%増(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン