• 印刷する

マレーシア航空提携候補、最終4社に

マレーシアのアズミン・アリ経済相は22日、経営再建中のマレーシア航空の戦略的提携先として最終候補を4社まで絞り込んだと明らかにした。

連邦議会下院で野党議員からの「日本政府がマレーシア航空の買収に関心を示しているというのは本当か。また、どういった手段で買収するのか」との質問に対し、アズミン経済相が答えた。同相は、守秘義務を理由に最終候補4社の詳細は明らかにしなかった。

答弁によると、マレーシア航空の親会社の政府系投資会社カザナ・ナショナルと持ち株会社マレーシア・アビエーション・グループ(MAG)は今年8月、提携候補の20社と協議。その中から、最終候補として4社が選ばれたという。

同相は「(提携相手には)周到な財務管理と経営戦略の提案を求めている」と話した。

提携先の最終決定は、今年末か来年初頭を目指すという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(19:35)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(20:03)

ペナン空港の貨物輸出量、1~5月は10%減(20:09)

テイクオフ:総合病院で2科続けて受…(07/14)

景気低迷で低価格小型車人気 国民車プロトンがシェア拡大か(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(13日)(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン