• 印刷する

テイクオフ:ラグビーW杯日本大会で…

ラグビーW杯日本大会で、日本代表が初の8強入りを果たした。スポーツとは無縁で、正月の駅伝か夏の甲子園くらいしか見ない父もはまったようで、熱心にテレビ観戦し、健闘をたたえていた。日本中が熱気に包まれ大盛り上がりだった一方、中国ではほとんど話題に上らなかった。

世界中で人気を集める一大スポーツに、企業はまったく無関心というわけでもない。阿里巴巴集団(アリババグループ)はラグビーの選手やコーチの育成に10兆円近くを投じる。しかし、中国のラグビー競技者人口は8万人程度と圧倒的に少ないのが現状だ。

なぜ注目が集まらないのか。日本でラグビーW杯の盛り上がりを目にした中国人の友人いわく「ああいうタイプのマッチョは中国では人気が出づらい。イケメンなら話は別だけど」。ラグビーブームの本格化には中国人イケメン選手の登場が待たれるのか。(佳)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国非鉄業界の一帯一路、採算性に課題(16:06)

固定資産投資、過去最低を更新 1~10月5.2%増、工業消費も低調(11/15)

華為締め出しか、表記巡りNCCが新方針(11/15)

タイ海運大手、カンボジアと広東省を接続(11/15)

一部インフラ事業の投資条件、国務院が緩和(11/15)

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

米中は追加関税撤廃を協議中、商務省が表明(11/15)

中国企業の海外投資、1~10月は5.9%増(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン