• 印刷する

19年度の経済成長率、6.6%予測=世銀

世界銀行は先週発表した報告書で、ミャンマーの国内総生産(GDP)成長率について、2018年度(18年10月~19年9月)は6.5%、19年度は6.6%になるとの見通しを据え置いた。

製造、保険、建設分野への投資が19年度の経済成長を後押しすると予想した。保険分野での外資開放や、日本を含む複数国に対する観光ビザ(査証)免除などの政策が成長を促進し、経済は中期的に回復に向かうとの見方を示した。 インフレ率は18年度は8.4%、19年度以降は若干緩み、7%台になると予測した。

下押しリスクには、洪水などの自然災害を挙げた。今後の見通しについては、インフレの影響と電気料金の引き上げなどに注視する必要があると指摘。西部ラカイン州での人権問題は、投資家心理や観光関連サービスに影響を及ぼす恐れがあると述べた。欧州連合(EU)の一般特恵関税制度(GSP)見直し検討の行方も懸念事項に挙げている。

21年度と22年度のGDP成長率は、それぞれ6.7%、6.8%と予測した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ(07/17)

外国人による上場株取得、3万9千株に(07/17)

南部のエビ養殖・加工など、投資5件認可(07/17)

外国投資額が46億米ドルに、目標達成見通し(07/17)

非公開所得の税率引き上げ、来年度から(07/17)

新たな感染確認なし、累計337人=16日朝(07/17)

日本空調サービス、連結子会社の事業停止(07/17)

帰国者続き、政府のコロナ隔離施設ひっ迫(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン