地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も

マレーシアのリム・グアンエン財務相は、国内総生産(GDP)の4分の1の規模があるとされる地下経済からの徴税に力を入れる方針を示した。マレーシアはここ数年、原油価格の低迷や消費税(GST)の廃止などによる歳入減に直面しており、歳入基盤の多様化と、税法上の税額と実…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアの人々の間で…(07/15)

5月失業率、5.3%に上昇 返済猶予終了で10月から再上昇も(07/15)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(07/15)

駐在員の出入国で要許可、休暇目的は認めず(07/15)

<資料>出入国時の入管許可などの要否(07/15)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(14日)(07/15)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(07/15)

テクスケム、株価高騰でブルサから警告(07/15)

コロナ後の新たな信用評価基準必要、BSN(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン