地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も

マレーシアのリム・グアンエン財務相は、国内総生産(GDP)の4分の1の規模があるとされる地下経済からの徴税に力を入れる方針を示した。マレーシアはここ数年、原油価格の低迷や消費税(GST)の廃止などによる歳入減に直面しており、歳入基盤の多様化と、税法上の税額と実…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

外国人に大型二輪の運転認可、観光省が要請(11/15)

不動産UEM、豪複合ビルを売却へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン