• 印刷する

日立が中国企業と介護で協業、ITを活用

【共同】日立製作所は27日、中国の企業や大学と高齢者の介護や健康管理などの分野で協業すると発表した。中国は急速に高齢化が進んで介護市場が拡大すると見込まれており、日立のITを活用して事業を伸ばす。

日立は出資先の中国のベンチャー企業と組み、人工知能(AI)などを使った健康管理システムの提供を目指す。日本では診療情報などを分析して、予防や生活支援に役立てるサービスを手掛けており、この経験を生かす。中国の清華大とは共同で認知症の予防を助ける技術を開発する。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(14:17)

ANAの成田直行便、4月12~24日は運休(03/27)

物流業などの操業許可要請 日本人商工会とジェトロ、政府に(03/27)

日系企業8割、事業に影響 新型コロナ、在宅勤務などで対応(03/27)

テイクオフ:「今の時期に、こんなに…(03/27)

課題にスピード感持って対応 日野自動車製造、阿曽社長に聞く(03/27)

NNA倶楽部、会員数が5万人を突破(03/27)

2月の新車販売17%減、2カ月ぶり2桁減(03/27)

【アジア三面記事】幸運の落とし主(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン