親中派「売国行為」と批判、香港=米法案巡り

【香港共同】2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」のリーダー黄之鋒氏らが、米議会に「香港人権・民主主義法案」の早期可決を求めていることについて、香港では親中国派を中心に「地元経済に損害を与える売国行為」と批判の声が上がっている。 法案は中国が香港に高度の自治…

関連国・地域: 香港
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

香港の6月PMI、2年3カ月ぶり高水準(20:43)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:ある週末に訪れた商業施…(07/06)

居留証所持者、訪台前のPCR検査不要に(07/06)

経済不振、下期底打ちに期待 財政長官、国安法巡り不確実性も(07/06)

政府、国家安全委を設置=顧問に中聯弁主任(07/06)

香港自治法案、米議会を通過(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン