• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアでふと気…

オーストラリアでふと気になった。南風や東風という字は昔から、難読漢字クイズによく出ていたように思う。「はえ」という日本語と南風という中国語が、当初は別々にあったものの同じ事象を指すことから、次第に南風と書いて「はえ」と読むに至ったそうだ。東風は「こち」だ。

このような日本語を熟字訓という。他にも黄昏や祝詞など多数あり、どことなく古風で、美しい感じがしなくもない。北風や西風に熟字訓がないのは、北や西から吹く風は古来の日本人の感性には響かなかったということか。

外来語の漢字表記には、熟字訓に似た当て字を使う。例えば河内と書いて「ハノイ」と読む。人名では杜翁は「トルストイ」、文老は「モンロー」と読む。であれば当然、「下から吹く風」は文老風と書くと思うがどうだろうか。感性には響かないか。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旅行好きのオージーの友…(08/14)

豪7月失業率、7.5%に悪化 失業者数、初の百万人突破(08/14)

VIC感染者数が縮小の兆し、一時金増額も(08/14)

豪の優良企業が続々赤字に転落、コロナ直撃(08/14)

メルボで再開発、大和ハウス子会社が管理(08/14)

セントラル駅ツインタワー、設計事務所決定(08/14)

オフィス空室率9.2%に上昇、郊外移転加速か(08/14)

豪連邦政府の改革実施、過去36年で最低水準(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン