• 印刷する

テイクオフ:タイには、寺や伝統的な…

タイには、寺や伝統的な家のような形をした小さなほこらが、家やホテル、商業施設、オフィスなど至るところにある。ほこらは木製だけでなく、コンクリートやガラス製もあり、今では工場で生産され、専門店で売られている。

ただ共通しているのは、ほこらの中に高齢の男性や女性の人形がいることだ。これはその土地の「主人」を表している。タイでは土地に何か建てるとき、必ず仏教の儀式を行い、主人に敬意を払う。そして主人の家として、ほこらを用意する。主人が悪事から守ってくれると考えているのだ。

タイ人にとっては、誰かの家やホテルに泊まるとき、それぞれのほこらに祈りを捧げることも重要だ。主人にあいさつすることで、安全に過ごせるとも言われている。ほこらの存在は、仏教国であるタイが最も迷信深い国の一つと言われるゆえんではないだろうか。(ギ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン