薄膜フィルムの生産能力2倍 三菱ケミ、140億円投じ設備増強

三菱ケミカルは10日、インドネシアで電子部品の加工に用いる工業用ポリエステルフィルムの生産設備を増強すると発表した。1億3,000万米ドル(約140億円)を投じて、年産能力2万5,000トン規模の製造ラインを新設する。増強後の生産能力は従来に比べて2.3倍に拡大する。今後予測さ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車化学その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

コロナ対策の支出2.7兆円、財政赤字5%に(04/01)

外国人の入国・トランジットを当面禁止(04/01)

ガルーダ、バリ―成田直行便も4月減便(04/01)

地方政府の特別割り当て予算、実行中止要請(04/01)

銀行が救済策、新型コロナで窮状の企業対象(04/01)

低所得層向け電気料金、無償化や5割引きに(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン