ホーチミン市~カントー鉄道案、運輸省が承認

運輸省はこのほど、ホーチミン市~南部カントー市間の鉄道建設計画の詳細を承認した。軌間は1,435ミリ(標準軌)で、総延長は173.6キロになる。ダウトゥ電子版が報じた。

承認を受けた計画によると、路線の始点はホーチミン市に隣接する南部ビンズオン省ジーアン郡のアンビン車両編成ターミナルに置き、終点はカントー市カイラン区のカイラン駅とする。

路線は、ビンズオン省を出発した後、ホーチミン市のトゥードゥク区、12区、ホクモン郡、ビンチャイン郡を通り、さらにロンアン省、ティエンザン省、ビンロン省を経由してカントー市に至る。

駅は15カ所前後で、◇アンビン◇タインスアン◇タンチャインヒエップ◇ビンロック◇タンキエン◇ロンディン◇タンアン◇ミトー◇ビンキム◇ロンチュン◇カイベー◇ビンロン◇ビンミン◇カイラン――のほか、乗客の乗降地点としてビンフー、バーディエムを予定している。

鉄道法の規定に基づけば、この計画に必要な用地は797.82ヘクタールとなる。

総工費は157兆2,540億ドン(74億3,340万米ドル、約7,300億円)とされ、そのうち建設費および設備費が79兆2,680億ドン、用地取得費が48兆7,430億ドンと見積もられている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 電力・ガス・水道運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

インフレ加速、影響じわり 年4%維持へ公共料金を抑制(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

年後半は緩やかなドン安へ=三菱UFJ銀(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

住友電装、ハイズオン省に第4工場(07/18)

台プラのベトナム製鉄所、19年にフル稼働へ(07/18)

タクシー協会、グラブの試験運用停止を提案(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン