• 印刷する

セルトリオン、スイス製薬大手と受託製造契約

韓国バイオ医薬品メーカーのセルトリオンは3日、スイス製薬大手のロンザと受託製造(CMO)契約を交わしたと発表した。ロンザのシンガポール工場でセルトリオンのバイオ後続品(バイオシミラー)である関節リウマチ薬「レムシマ」の医薬品原料の生産を行う。

セルトリオンはこれまで、仁川市の工場で年産19万リットルの医薬品原料を生産してきたが、供給先の多角化やバイオシミラー需要の増加に備え、ロンザとのCMO契約に踏み切った。ロンザの工場では欧州および北米地域向けの医薬品原料を生産。欧州医薬品庁(EMA)および米食品医薬品局(FDA)での許可を受け、欧米に供給する予定だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「酒量はどのくらいです…(11/19)

韓国バイオ「すき間」で躍進 後続薬に特化、量産体制を構築(11/19)

LINEを折半出資会社に、ネイバーとSB(11/19)

サムスンの中国売上高、1~9月期は急減(11/19)

地場の車企業が業績不振、韓国企業が買収も(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

起亜自が販売網増強、目標は年度末の300カ所(11/19)

韓国生産性本部、インドネシアに海外初拠点(11/19)

労働環境の調査強化、東京でJACセミナー(11/19)

現代自、中国で2四半期連続の赤字(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン