日韓、観光も打撃深刻化=打開策打ち出せず

【仁川共同=上嶋茂太】元徴用工訴訟や一連の輸出規制強化措置などによる日韓対立の影響で、格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションが日本の航空会社として初めて、日韓を結ぶ3路線を運休することが30日明らかになった。観光分野への打撃は深刻化し、石井啓一国土交通相は…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸観光政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子育ては子どもから愛と…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

【日韓対立】政治が翻弄、企業に吹く逆風 輸出管理の厳格化から1年(上)(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

新型コロナ感染者、61人増の1万3091人(07/06)

プラサック、韓国国民銀から1.5億ドル調達(07/06)

検察が邦人に懲役6月求刑、隔離命令違反で(07/06)

慰安婦像周辺の集会禁止、コロナ対策で(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン