• 印刷する

二輪配車サービス、2日から新運賃

運輸省は、オンライン配車サービスによるバイクタクシー(オジェック)に対し、地域別に設定した運賃の上下限を2日から適用すると発表した。5月1日に発効した運輸相令『2019年第348号』に基づき、国内を3ゾーンに分け、4キロメートルまでの初乗り運賃とその後1キロごとに加算される運賃の上下限を定めた。CNNインドネシア(電子版)が8月29日伝えた。

アフマド・ヤニ道路輸送課長によると、対象となるのは、シンガポールの配車サービス大手グラブがサービスを提供する224地域と、同業大手ゴジェックがサービスを提供する221地域の計445地域。3カ月後に見直しを行う予定。

最初の4キロメートルが初乗り運賃で、4キロまではどれだけ走っても運賃は同一。その後、1キロメートルごとに上下限の範囲で運賃が加算される。

第1ゾーン(スマトラおよび周辺、首都圏を除くジャワおよび周辺、バリ)と第3ゾーン(カリマンタンおよび周辺、スラウェシおよび周辺、ヌサトゥンガラ諸島および周辺、マルク諸島および周辺、パプアおよび周辺)の初乗り運賃は7,000~1万ルピア(約52~75円)、

第2ゾーン(首都圏)は8,000~1万ルピア。その後、1キロメートルごとに加算される運賃は第1ゾーンが1,850~2,300ルピア、第2ゾーンが2,000~2,500ルピア、第3ゾーンが2,100~2,600ルピア。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界有数の海洋生態系を…(10/21)

チップモン、首都の衛星都市開発事業を取得(10/21)

ジョコ大統領が2期目就任 構造改革に決意、きょう組閣発表(10/21)

最賃上昇率に労使反対、首都は「最終調整」(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(10/21)

日本企業と2億ドルの契約、輸出入品見本市(10/21)

西ジャワの投資26件で覚書締結、4千億円(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

日本工営、マカッサルとスマート都市で覚書(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン