• 印刷する

パナ、位置検出端末でサムソナイトと協業

薄型の位置検出端末を、スーツケースの内側に装備(パナソニック提供)

薄型の位置検出端末を、スーツケースの内側に装備(パナソニック提供)

パナソニックは8月29日、旅行用かばん大手のサムソナイトと協業すると発表した。インドで開発した超小型の位置検出端末「シーキット(Seekit)」をサムソナイトのスーツケースに搭載する。シーキットを搭載することでスマートフォンを通じていつでもスーツケースの位置情報が確認できるようになるため、紛失や置き忘れ、盗難を防ぐことが可能になる。

シーキットはスマホアプリと連動することで位置情報を検出する信号発信機(ビーコン)で、パナソニックが新規事業創出を目指してインドに開設したイノベーションセンターが開発した。昨年12月にインド国内でキーリングタイプとカードタイプのシーキットを発売していたが、今後は自社製品としてだけでなく、異業種企業との提携を通じてシーキットの用途と販売を拡大していく考えだ。

サムソナイトは、指紋認証による開閉機能などが付いたスーツケースのハイテクモデル「EVOA Tech」にシーキットを搭載する。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:三大カーンもすごいが、…(07/14)

グーグルが100億ドル投資 デジタル化促進、AI活用などに(07/14)

通信ジオ、米クアルコムからも資金調達(07/14)

ITタタ、今年も新卒4万人採用(07/14)

電気バスのPMI、5年後見据え技術開発(07/14)

本年度は4.5%のマイナス成長、商工会調査(07/14)

格付け低下の企業、今月9日時点で3900社超(07/14)

太陽光発電企業の資金調達、上期は76%減(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン