• 印刷する

《安全》熱帯病チクングニア熱、9年ぶりに発生

ミャンマー保健・スポーツ省によると、蚊が媒介する感染症「チクングニア熱」が、首都ネピドー、北部カチン州、南部タニンダーリ管区などで発生している。感染が疑われた患者97人のうち、これまでに26人の発症が確認された。国内でチクングニア熱が発生するのは、2010年以来9年ぶり。ミャンマー・タイムズ(電子版)が8月29日伝えた。

チクングニア熱は、デング熱と同じくネッタイシマカ、ヒトスジシマカが媒介。蚊に刺されてから2~12日(通常は4~8日)で発症する。典型的な症状は、関節痛を伴う急な発熱、筋肉痛、頭痛、吐き気、倦怠(けんたい)感、発疹など。関節痛は当初の激しい症状が軽くなった後も、数週間にわたって継続することがあるという。 

感染者には20~40歳代が多いが、最大都市ヤンゴンのワイバギ総合病院熱帯・感染病センターの医師は「体力のない高齢者や妊婦などは、感染に十分注意する必要がある」と呼び掛けた。

チクングニア熱は、1952年にタンザニア南部で初めて確認された。アフリカやアジア、インド亜大陸などで多く発生している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マイテル、有名パゴダから基地局を撤去(10/18)

鋼材規格化にJIS活用 市場拡大に備え日本が支援(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

ヤンゴン環状線改修工事、東区間が一部再開(10/18)

昆明航空、昆明―ヤンゴン線を就航(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

18年度の鉱物輸出額、32%減の14.6億ドル(10/18)

18年度の対中国境貿易、17%減の59億ドル(10/18)

与党NLD、総選挙候補者の半数を再選定へ(10/18)

停戦協定4周年記念式典、28日に首都で開催(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン