• 印刷する

《安全》熱帯病チクングニア熱、9年ぶりに発生

ミャンマー保健・スポーツ省によると、蚊が媒介する感染症「チクングニア熱」が、首都ネピドー、北部カチン州、南部タニンダーリ管区などで発生している。感染が疑われた患者97人のうち、これまでに26人の発症が確認された。国内でチクングニア熱が発生するのは、2010年以来9年ぶり。ミャンマー・タイムズ(電子版)が8月29日伝えた。

チクングニア熱は、デング熱と同じくネッタイシマカ、ヒトスジシマカが媒介。蚊に刺されてから2~12日(通常は4~8日)で発症する。典型的な症状は、関節痛を伴う急な発熱、筋肉痛、頭痛、吐き気、倦怠(けんたい)感、発疹など。関節痛は当初の激しい症状が軽くなった後も、数週間にわたって継続することがあるという。 

感染者には20~40歳代が多いが、最大都市ヤンゴンのワイバギ総合病院熱帯・感染病センターの医師は「体力のない高齢者や妊婦などは、感染に十分注意する必要がある」と呼び掛けた。

チクングニア熱は、1952年にタンザニア南部で初めて確認された。アフリカやアジア、インド亜大陸などで多く発生している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染なし、累計313人のまま=6日朝(18:32)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

特別入国の邦人20人、施設隔離が終了(07/06)

新たな感染9人、累計313人=5日朝(07/06)

家庭用電気料金、6月末まで一部無料化継続(07/06)

欧州6カ国、今年の債務返済を猶予(07/06)

香港系の発電所2カ所、売電契約を締結(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン