• 印刷する

東急ハンズ、東部で直営5号店をオープン

東急ハンズは、シンガポール東部パヤレバの複合施設「パヤレバ・クオーター」に直営5号店をオープンした(同社提供)

東急ハンズは、シンガポール東部パヤレバの複合施設「パヤレバ・クオーター」に直営5号店をオープンした(同社提供)

東急ハンズ(東京都新宿区)は8月30日、シンガポール東部で5店目となる直営店をオープンした。既存4店舗の業績が好調であることから、シンガポール事業の拡大を決めた。

直営5号店は、同日ソフトオープンした複合施設「パヤレバ・クオーター(PLQ)」の地下1階に設置した。店舗面積は575平方メートル。従業員数は約15人で営業を開始した。

健康・美容や日用品、文具、かばん、旅行関連など約1万7,000SKU(在庫管理を行う場合の最小単位)の品目を取り扱う。既存店舗と同様に、シンガポール人をターゲット層と捉えているという。

同社の広報担当者はNNAに対し、「今後も最寄り駅周辺の開発が続き、居住・就業人口ともに伸びが期待できることから出店を決めた。国内で良い物件があれば、出店拡大を検討したいと考えている」と述べた。5号店については、2017年頃から構想を立てていたという。

東急ハンズは、14年に西部ジュロンの商業施設ウエストゲートにシンガポール1号店を出店。その後、繁華街オーチャードの商業施設オーチャード・セントラル、中心部の複合施設サンテック・シティー・モール、東部の大型複合施設ジュエル・チャンギ・エアポートに相次いで直営店を開業していた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(17:43)

労働コスト2.8%上昇、サービス業が押し上げ(17:13)

新型肺炎で企業向けガイドライン、人材省(20:52)

政府がマスク調達多様化、国産化も検討(20:52)

保険各社が新型肺炎特約、無償提供多く(20:52)

建設ボーステッド、太陽光サンシープと提携(20:52)

ASEAN、新型肺炎対策での結束確認(20:52)

テイクオフ:シンガポールでも、新型…(02/20)

ネットワーク化で需要先取り 宇宙ベンチャーの挑戦(下)(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン