• 印刷する

《日系進出》仮設機材レンタルの杉孝、2カ所目の拠点

仮設機材レンタル会社の杉孝グループホールディングス(横浜市)は29日、マレーシア・トレンガヌ州に機材センターを開設すると発表した。ジョホール州に次いで同国で2カ所目の機材センターとなる。

新たなセンターは同州クママンのテルク・カロン工業団地内に設置。9月1日から営業を開始する。総事業費は3,300万円。

同社の広報担当者はNNAに対し、「地場石油会社から製油所のメンテナンス工事向けに仮設機材レンタルを受注したことで、センター設置に弾みがついた」と説明。石油会社は製油所の老朽化に伴うメンテナンス工事を実施する計画で、杉孝は足場などの仮設機材を新センターから提供する。

本社から新たに人員は派遣せず、当初はマレーシア国内の駐在員2人と現地スタッフ10人の陣容となる。広報担当者によると、クママンの海岸沿いには石油・ガス関連の施設が集積し、洋上油田掘削に関するオフショア事業の陸上拠点にもなっていることから、石油・ガス産業からの需要をにらみ、進出を決めた。

テルク・カロン工業団地内には、顧客層が共通する、プラント機械や建設機械のレンタル・販売を手掛ける西尾レントオール(大阪市中央区)が拠点を構えており、「営業上での相乗効果も視野に入れている」(同広報担当者)。

杉孝は2015年に現地法人である杉孝マレーシアを設立。現在、クアラルンプールに営業所を置くほか、ジョホール州バンダルパナワに機材センターを持つ。

杉孝グループホールディングスが開設するトレンガヌ州クママンの機材センター(同社提供)

杉孝グループホールディングスが開設するトレンガヌ州クママンの機材センター(同社提供)


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

日本から駐在員など400人足止め、制限令で(20:06)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(17:05)

テイクオフ:人間は忘れやすい。楽器…(05/27)

製造業で国内外の注文5割減 本格回復遠く、ジェトロなど調査(05/27)

4月新車販売はゼロ、前月販売分の登録のみ(05/27)

RM1=24.6円、$1=4.37RM(22日)(05/27)

3大銀行の1Q決算、最大手のみ増収増益(05/27)

保険エティカ、カンボジアで営業認可(05/27)

外貨準備1026億ドル、半月で1億ドル増(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン