ラヨーンのごみ発電所、21年3月までに稼働

タイ東部ラヨーン県のピヤ知事は、県内の家庭ごみを燃料とするごみ発電所が2021年3月末までに稼働するとの見通しを示した。発電所への投資額は10億バーツ(約35億円)以上。県は同事業を手始めに、県内のごみの100%再利用を目指す。27日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 …

関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器、普及目標近づく 官民連携でインフラ整備を先行(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

タイ正月の振替、9月4日と7日に決定(08/14)

帰国者3人が感染、市中はゼロ(13日)(08/14)

政府、高速鉄道アユタヤ駅周辺でPPP開発(08/14)

国際線乗り入れ、全面解禁まだ=民間航空局(08/14)

運輸相、年内の一般向け配車アプリ導入命令(08/14)

水道・発電WHAUP、4~6月は63%減益(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン