養鶏の近代化進む、外国投資と気候変動で

ミャンマーで冷房や低温貯蔵設備を導入する養鶏業者が増加している。近代的な技術を持つ外資の進出や、気候変動の影響の深刻化が背景にある。ミャンマー・タイムズ(電子版)が26日伝えた。 ミャンマー畜産連盟(MLF)のチョー・ティン会長によると、タイ大手財閥チャロン・ポ…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

7月のインフレ、8.35%でまた上昇(19:31)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

ヤンゴン外環道計画、物流拠点の建設も視野(09/19)

違法滞在の中国人に反発、カイン州で対策委(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

チン州、若者が将軍像設置に反対(09/19)

発電容量560万KWに、能力拡張計画も進行(09/19)

天然ガス輸出額、8月までで14%増(09/19)

竹産業の発展を森林法が阻害=業界団体(09/19)

水協銀、ミャンマーで小口金融サービス(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン