心に傷抱え、難民の里親に

【共同】故郷を焼き、最愛の母たちを奪った74年前の新潟県長岡市の空襲を、東京都武蔵野市の「カトリック吉祥寺教会」の神父、後藤文雄さん(89)は「心の旅の出発点だった」と振り返る。戦後は、圧政や内戦で家族を失ったカンボジアの難民14人を引き取って育てた。「心に傷を残す…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カンボジア、ラオスに早急な送電を要請(08/26)

プノンペンSEZ、上期に黒字転換を実現(08/26)

日本のカンボジア投資、上半期は5億米ドル(08/26)

中国系「ザ・ワン・モール」、12月に開業へ(08/26)

首都北部の高層集合住宅、上棟式を実施(08/26)

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/26)

衣料品の在庫販売ショーイチ、3号店を開設(08/23)

首都港のコンテナ取扱量、1~7月は30%増(08/23)

パブリック銀行、公共サービスの手数料徴収(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン