観光ホテルの中国人客割合、台北市が最多

台湾交通部(交通省)観光局によると、2019年上半期(1~6月)の観光ホテルの宿泊者数全体に占める中国人旅行者の割合は18%だった。県市別では、台北市が37.8%で最も多かった。蘋果日報が伝えた。 上半期に台湾の観光ホテルに宿泊した中国人旅行者の数は延べ92万7,346人。うち…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マイクロンが追加投資、中科に新工場(12:24)

テイクオフ:妻が口紅を買ってきた。…(08/26)

商業3業種ともにプラス成長 7月統計、小売・卸売が過去最高(08/26)

ASUSなど3社、AIスパコンで再提携(08/26)

同欣電子が下期成長に自信、4Qがピーク(08/26)

緯創、興創知能と高精度マップサービス開発(08/26)

DRAMモジュールの18年売上、威剛は4位(08/26)

ゴゴロ、29日から桃園でシェアサービス(08/26)

秋田知事、台北で「秋田牛」トップセールス(08/26)

立万利、ロッテフードと中国で粉ミルク販売(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン