• 印刷する

テイクオフ:「お話でもしながらここ…

「お話でもしながらここで時間をつぶしましょう」。配車アプリタクシーの運転手が車を路肩に寄せた。ナンバープレートの末尾番号による交通規制が解除されるまであと十数分。今から回り道するなら規制が解除された大通りを通るほうが早いという。

交通規制は9月から正式に適用区間が広がる。州政府は自家用車の利用を抑制し公共交通機関への移行をうながしているが、なかなかうまくいかないようだ。専門家に聞くと「交通機関同士の接続性や利便性、快適性の低さが阻害要因」と話した。

先の運転手はよほど話し好きなのか、身の上話が止まらない。「日系企業に就職した次男の給与は、韓国系企業に就職した長男の倍以上だった」など、最終的には「ニッポンはすごい」とヨイショしてくる。いわゆる「快適性」とは違うが、待ち時間も苦にならなかったのは間違いない。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(17:33)

新型コロナが経済打撃、貧困率急上昇の懸念(13:15)

一部産業で生産能力が50%低下=産業相(13:00)

テイクオフ:ジャカルタから日本に向…(04/06)

スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで(04/06)

2月の生産台数は9%増、2カ月連続で増加(04/06)

外出時は必ずマスク着用を、政府が呼び掛け(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン