【解説インドのM&A】交渉成立へ向けてのポイント(下)

第11回 M&Aの交渉プロセスも終盤戦に入り、いよいよ最終契約(サイニング)と契約の成立(クロージング)へ向けてラストスパートとなる。しかし、詰めの交渉が遅々として進まないと、葛藤も大きくなる。ここで重要なのは、「M&Aは何のため」という目的と判断軸をブレずに、堅…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドは6月から全土封…(07/09)

日本ペイントがPPEに参入 コロナで商機、第2弾発売も計画(07/09)

救援機で帰国のミャンマー人、6800人超に(07/09)

紙類の輸入増加止まらず、業界が対策要望(07/09)

セメント大手ウルトラ、中国子会社を売却(07/09)

伊ピアッジオ、三輪車のオンライン販売開始(07/09)

架空電車線用の太陽光発電施設、国鉄が設置(07/09)

GMR、空港部門の株式49%を仏同業に売却(07/09)

タタパワー、非中核資産の船舶売却を完了(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン