アンコール遺跡群、1~7月は10%以上減収

カンボジアの世界遺産アンコール遺跡群(北西部シエムレアプ州)の入域券を販売する政府系アンコール協会によると、2019年1~7月の入域料収入は、前年同期比10.56%減の6,230万米ドル(約66億4,000万円)だった。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。 7月単月の入域料収入は…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU経済制裁よりコロナ対策優先、政府高官(08/14)

マレー系電力設備ペステック、CSXに上場(08/14)

新型コロナ、6人感染で計272人に(08/14)

保険TQM、ラオス・カンボジア進出計画(08/14)

EUが経済制裁、関税優遇措置の一部停止(08/13)

フィリピンからの入国も禁止、コロナ対策で(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン