• 印刷する

テイクオフ:東南アジアのみならず世…

東南アジアのみならず世界最大規模、という首都クアラルンプール郊外で開かれた盆踊り大会を初めて訪れた。場所がスランゴール州の州都シャアラムということで、国鉄KTMに乗ってあの静かな駅に着くと、早速駅前にバス待ちの行列ができていて驚き。会場近くの車の列と来場者の人数にさらに仰天した。

今年で43回目ということで、さすが1970年代から続いているだけあってマレーシアの人たちには季節の風物詩として定着しているようだ。会場内を一周りすると、日本人のみならず地元民も浴衣姿が目立っていた。中には演歌歌手かと見紛う着物でやってきたつわものもいて、珍しさより裾が汚れないか心配になった。

屋台のお好み焼きを頬張るカップル、風船ヨーヨーで遊ぶ子ども、そして東京音頭。ふと錯覚を覚える。地元の人達にも親しまれる理由が分かる気がした。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

特別国会で新首相決定へ 来月2日、国王の議員面談実らず(02/28)

政府が景気刺激策発表、200億リンギ規模(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

<資料>マレーシア政府の2020年景気刺激策(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

RM1=26.2円、$1=4.21RM(27日)(02/28)

不二製油、業務用チョコ会社を完全子会社化(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

豪ライナス、3年間の操業延長認可を取得(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン