• 印刷する

テイクオフ:帰国中に思わぬアクシデ…

帰国中に思わぬアクシデントで救急車の世話になった。運び込まれたのは都内の総合病院。深夜だったにもかかわらず、救急外来は大勢の患者とその家族らでごった返していた。

救急患者の中では比較的容体が軽かったため、処置をしてもらうまでに少し順番待ちをすることに。気を落ち着けて待合室を見回すと、外国人の患者が何組かいることに気づいた。東南アジア系とおぼしき若者が廊下の隅にたたずみ、心配そうにささやき合う中国語も聞こえる。

突然の病気やけがで病院に駆け込む体験は、住み慣れた土地でも大変な緊張に見舞われる。ましてや言葉の不安があり、診療制度の勝手も分からない異国となればなおさらだ。海外からの旅行者に心置きなく日本を楽しんでもらうためには、いざという時に安心を提供できる仕組み作りにもっと目を向けていくべきだろう。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(05/30)

AD調査を半年延長、日米などの合成樹脂(05/29)

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

中国のコロナ対策90兆円規模 李首相、7割を消費刺激に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

香港版安全法の制定案を可決、中国全人代(05/29)

全人代閉幕、民法典が成立(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン