越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感

ベトナムの2019年の海外直接投資(FDI)は、香港が首位を独走している。背景には、米中貿易摩擦の影響を指摘する声が多い。アジアの「ハブ」機能を持つ香港からの投資拡大は、ベトナムが域内での存在感を高めていることの表れともいえる。エコノミストは現在の製造業中心の投資…

関連国・地域: 香港ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

1~5月のFDI額、17%減の139億ドル(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

ジューテックが合弁設立、海外初(05/29)

クアンニン省の新経済区、首相が承認(05/29)

独接着剤のテサ、65億円でハイフォン工場(05/29)

JBIC、サンローズ現法に47.5万ドル融資(05/29)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(5月28日)(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン